高性能な給湯器を導入する|ガスと電気の違い

作業員

便利に湯を使おう

給湯器

浴室の環境を整えよう

浴室や台所で使用する給湯器は長年使用することで温度にムラが出たり、すぐに暖かくならない状況が現れていきます。一軒家の場合、給湯器は据え置き型や壁掛け型など屋外に設置されていて、冬場に配管が凍るとすぐに湯が出てこないケースもあります。最新のガス給湯器は、水道管やガス管の太さや長さを考慮し、経済的なものが登場してきています。ガス消費量が少なく給水量も抑えているため、省エネ効果が高まります。昔の給湯器は風呂の湯を入れる際、湯の温度や量を自分で監視していないと溢れてしまったり熱すぎたりと手間が掛かります。最近のガス給湯器では風呂の温度を設定できたり、水位をコントロールする事が出来ます。残り湯を考慮しながら足し湯をすることも可能で、無駄な手間が省けて大変便利です。自動追い炊き機能や自動保温機能もついているものもあり、いつでも風呂に入ることができる環境が実現できます。ガス給湯器には世帯数によってサイズがあります。単身の場合には16号、夫婦2人の場合では20号、4人家族では24号など、その使用人数によってガス給湯器の効果が異なっていきます。例えば、台所で洗い物をしながら別の誰かが風呂に入る場合、ガスの消費量や給水量が一時多くなります。その容量に対応できるガス給湯器を選ぶことで快適な環境が整います。マンションなどの集合住宅の場合でも、周囲に迷惑を掛けることなくガス給湯器に取り換えが可能になっています。